粗大ごみリサイクル・商品化までの流れ


市内の各家庭から排出された粗大ごみの中から、まだまだ使えると思われるものを一つ一つ丁寧にクリーニング・修理を行い、市民の皆様に販売することによってリユースを推進しています。

1.選別・荷受け


粗大ごみとして出されたもの中から商品化できるものを選別し、荷受けします。

2.入荷直後の商品


汚れや破損箇所などが確認できます。

3.クリーニング


表面を洗浄し、ヤスリがけを行い傷の除去等を行います。

4.表面塗装・塗布


表面処理の後、ニス等の塗装・塗布を行います。

5.修理・交換


破損箇所の交換や欠品部品を補充し、修理を行います。

6.修理完了


修理完了後、残ったほこりや木くず等を丁寧に拭き取り、再生商品としてショップに並べられます。